創業44年の老舗 鶏肉専門店「地鶏の鳥清」 大阪食鳥組合加盟店

鶏肉の部位

  • HOME »
  • 鶏肉の部位

肉の部位

■せせり
首の部分のお肉です。
良く動かす部分ですので身がしまっています。
当店ではロールチキンという鳥のハムに使っています。

■むね肉
油が少なくサッパリしています。
から揚げもももとは違った美味しさがあります。
焼いて薄くスライスし、ご飯の上にのっけてタレをかけたどんぶりがおススメ。

■もも肉
鶏を代表する部位。
脂肪の多い赤身肉。
ジューシーで、どんな料理にも合います。
鍋なら骨ごとのぶつ切りが、良い出汁も出ておススメです。

■ささみ
高たんぱく、低カロリー。
新鮮なものは、さっと湯引きして表面を白くし一口大にカット。
ショウガやネギなどの薬味で、しょう油やポン酢でいただきます。

■手羽先/手羽中
羽の先の部分で、脂肪とゼラチン質が豊富。
単体ではなく、手羽中とセットで手羽先と呼びます。
ピリ辛の味付けが美味しいですね!
から揚げではチューリップという名前になります♪

■手羽元
羽の根元の部分で、フライドチキンといえばこの部位。

内臓などの部位

■かわ
鶏の皮で、首の部分が最も美味しいとされています。
焼き鳥にしてもよし、油で揚げてかわ煎餅もよし。

■ぽんちり/ぼんじり
鶏のお尻の部分。
肉と油が絶妙!ジューシーでとろけます。

■みさき
特に先の部分を指して言いますが、通常はぽんちり/ぼんじりと分けません。

■アキレス
足の健の部分ですが、歯ごたえがあります。
足そのものはもみじと言います。

■げんこつ/軟骨
膝関節にあるやわらかい骨。
コラーゲンとカルシュウムがたっぷり。
コリコリとした食感で、から揚げに向いています。

■さえずり
食道です。
軟骨のようなコリコリとした食感。
焼き鳥に使われます。

■砂肝/砂ずり
実は筋肉なので、あのゴリゴリとした食感なんです。
鶏には歯がありませんので、砂を飲み込んで砂肝ですり潰します。
焼いてもよし、揚げてもよしの酒のつまみに最適。

■背肝/きも/レバー
肝臓になります。
レチノール、ビタミンA・C・E・B2、グルタチオンなど栄養豊富。
糖質が少なく低カロリー。
タレで焼く、甘辛く煮つけると美味しいです。
フォアグラ状態のものは白肝と呼び珍重されます。

■はつ/こころ
心臓で食感はコリコリですが、他のコリコリ部位とはまた違う食感です。
ビタミンAが豊富。
串焼き、肝と一緒に煮つけなどが美味。

■きんかん/玉ひも
卵を作る部分、卵の殻ができる前の黄味だけの部分。
甘辛く煮つけるととっても美味しいですよ!

PAGETOP
Copyright © 有限会社 鳥清 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.